kiji記事

【論説】何度も行きたくなる店と、二度と行きたくない店

※イメージ画像

 

最近、ランチに行きつけの飲食店がある。最寄り駅に近く、本来は夕方から開店する全国チェーンの飲み屋だが、コロナ禍の世相もあって1年ほど前からランチ戦線に参入した。周辺の飲食店が競合していることもあり、活きのいい刺身を盛りつけた定食が税抜き500円と安く提供されている。

 

ホールスタッフはさほど接客態度が良いとは言えず、客が入店し着席すると「消毒お願いしまーす」と言って、差し出した両手に消毒スプレーをシュッと吹きかける。射出された霧水の勢いと量が多いので毎回、Yシャツの袖口に水滴が付くのだが、スタッフは悪びれる様子もなく「ありがとうございまーす」と言ってスプレーを定位置に戻す。一連のルーティンをゼンマイ仕掛けのように繰り返すので、最初は怪訝だった自分も、次第に洗礼の儀式のような気分で軽く一礼して手を差し出し、スプレー待ちするようになってしまった。

 

全国チェーンといえども、直営店でなくフランチャイズなのだろう。かなり自由な価格設定で、刺身定食のほか、焼肉や唐揚げ、モツ煮込みなどの500円定食が5-6種類のほか、ロース豚カツや金目鯛などちょっと贅沢な定食も580円の日替わり数限定で用意している。接客態度は消毒スプレーの件を見れば分かるようにさほど良くはないのだが、お茶が欲しいと思うタイミングでポットを持ってきてくれるなど、気が付く範囲で気を遣っている。

 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら