kiji記事

【論説】人をバカ呼ばわりする人に限って

※イメージ画像

 

夕方、とある飲み屋で遅めのランチを食べていた時、耳に聞こえてきた呑兵衛2人の会話。

 

女「今、店に人が少ないから言っちゃうけど、コロナって何年かしたら風邪やインフルエンザと同じでしたって、そうなってる気がする。だってインフルエンザより死ぬ確率少ないらしいよ」

男「そうかな。インフルエンザが1,000人に1人って。コロナは100人に1人らしいって。100人に1人じゃ、結構な確率だよな」

女「えー、そんなはずないでしょ。逆よ逆、きっと。いい加減なことばっかり言うんだもん、マスコミは」

 

女「安保闘争って、昔あったんでしょ。あれって、何を揉めてたの?」

男「岸信介の時代だよ。個人が政治をするか、官僚が政治をするかだよ。昔は官僚の権力が強くて、政治家と官僚だけでやってたんだよ」

女「えー、昔だって政治家が政治やってたじゃん。違うんじゃない?」

男「いや、今以上に官僚に力があって、国民をバカにしていたんだよ。それで、官僚から政治家が政治を取り戻したんだよ」

 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら