kiji記事

【論説】新年度入りで気分も制度も一新

※イメージ画像

 

4月に入り、新年度入りした。いくつかの新制度が始まり、変化に戸惑う国民もなかにはいるかもしれない。

 

日常生活に直結する変化としては、小売りや外食などの店頭価格表示に、消費税込みの総額表示が義務化される。すでに税込み価格だけを表示している店舗もあるため、今回の一元化で、消費者の立場からすれば、支払わなければならない金額が瞬時に分かるメリットがある。消費税が10%となったことで、5%や8%の頃に比べ計算しやすくなったものの、軽減税率8%が適用されている飲食料品や定期購読サービスなどがあるために、レジで精算するまで分からないことも少なくなかった。

 

一方、全国商工団体連合会(前商連)などの事業者団体は表示義務化に反対し続けてきた。店舗側からすれば、1,000円以下の980円と値付けすることでお買い得感を刺激する商法が、通用しにくくなる。税率8%の商品を税抜き価格980円で売り出したとして、小さな表記でも税込み価格1,058円を併記しなければならない。消費者側からすれば、実際に支払う価格にしか興味がないので、4桁の大台に丁度乗った商品に対しては、むしろ割高感を抱きかねない。結果として、消費意欲を減退させるのではないかという懸念が、事業者側にはある。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら