araki「拉致問題の闇を切る」

[思い込み] 荒木和博(特定失踪者調査会代表)

 昨年コロナ禍で集会が軒並み中止になり外出すら自粛になったため、救出運動も大幅に制約されてしまいました。それを補うために何かしなければと思って始めたのがYouTubeに毎日5分〜10分のメッセージを載せる「ショートメッセージ」でした。4月に始めてまもなく1年、とりあえず毎日発信してきました。

 いわゆる「ユーチューバー」の何万アクセスなどというわけにはいきませんが、毎日見てくれている方もおられ、何より世界中どこでも、いつでも見てもらえるのは強みです。昨年11月からは拉致や失踪の現場で行うライブ(生放送)も行っています。ライブも後から見ることができますのでご関心のある方はぜひご覧ください。私のチャンネルは以下の通りです。

 

https://www.youtube.com/channel/UCSa3H61PRYDyRy4aHvF_VSA

 

 さて、これまで拉致問題に関心を持っていても集会などに参加する機会がなく、YouTubeで理解を深めてくださった方と接していて思ったことがあります。それは自分たちの思い込みがいかに強かったかということです。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら