nihonkyousantou「日本共産党の実態」

【日本共産党の実態】  [過去に存在した共産主義国家はとんでもない国。日本共産党の勢力増加に警戒を]  安東幹(共産主義研究家)

 コロナ禍が拡大し、失業者が増加し、収入が減る国民が増え、社会不安が大きくなる中で、日本共産党が勢力を伸ばしている。可能性としては少ないが、日本各地で「食料をよこせ」デモのようなイベントが行われるようになり、暴動・商店略奪が起きるようになり、日本共産党が革命を呼びかける可能性もある。暴動に多くの国民が参加するかもしれない。日本国民が、日本共産党に期待するようになってはならない。今こそ、共産主義の真実を語らねばならない。

 

 過去、世界に存在した共産主義国家は、すべてとんでもない国であった。私たちは、そのことを記憶にとどめなければならない。「共産主義、二度と、再び繰り返すな!(Never Again Communism ! )である。

 

 共産主義国では、国民の自由が奪われる。ソ連とその衛星国であった東欧六か国は、まったく自由のない国であった。国全体に、共産党の秘密警察のスパイ網がはりめぐらされ、共産党を批判する者、共産党幹部の批判をする者、宗教家、民族主義者などが、強制収容所に連行され、長期間、劣悪な生活を余儀なくされた。共産主義を批判する者の自宅などに、ある日、突然、秘密警察がやってくる。捜査令状も逮捕状も持たずに、国民を連行する。連行したことも、連行先も家族らに伝えられない。突然、裁判が行われ、被告人には弁護士もつけられないし、メディアや外国人などには公開されない密室裁判で、しかも、短時間の裁判で、有罪判決となる。そして、そのまま刑務所や強制収容所へ。数十年間、強制収容所に収容される国民もいる。家族には、収容先は知らされない。「そんなことあるはずがない!共産主義批判のためのでっちあげではないか?」と笑ってはならない。過去、本当にこのようなことが、世界中の共産主義国家で行われていたのである。ノーベル文学賞を受賞したソ連の反体制作家の『強制収容所列島』に詳しい。あるいは、国際的な人権団体であるアムネスティ・インターナショナルなどの文献に、詳細に記録されている。

 「自由を守れ!」、日本共産党の政権入り、与党化を許すな! これが良識ある国民のスローガンである。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら