ken「筆は剣よりも危うし」

【筆は剣よりも危うし】 侵略者と戦え!売国奴は討て! 三澤浩一(武客)

侵略者と戦え!

 

売国奴は討て!

 

 侵略者は敵であり、売国奴は賊である。敵と戦い、賊を討つのは当たり前のことだ。なぜ、そんな当たり前のことを声を大にして叫ぶのか。滑稽だろう。

 

 <奴隷的平和>と<物質的繁栄>に堕落しているヤルタ・ポツダム体制=YP体制の下にある我が国では、当たり前のことが当たり前ではない。独立自尊の気概も覚悟もない属国主義者どもが世を謳歌している。

 

 我が国の仮想敵国を挙げれば、アメリカ、ロシア、中共となる。南韓も北鮮も仮想敵国といえるが、重大な脅威となるのは、前述の3大国だ。この3国は大国であり、強国である。侮ってはいけない。恐れなければいけない。だが、怯えてはならない。屈してはならない。

 

 この3国のうち、現実の脅威が最も強いのは、中共すなはち中国共産党が支配する中華人民共和国である。<中華><共産><反日>の悪魔主義国家である中共は仮想敵国ではなく、現実敵国だ。中共の脅威を直視し、備えなければならない。

 

 しかし、我が国の政府にも首相にも、独立自尊の気概も覚悟もなく、危機意識もない。あるのは銭勘定だけだ。観光立国云々とやらで、博打場を開くことを企んでいる。博打のつぎは売春と薬物か。このままでは売春も大麻も合法化される日がきてしまう。虎狼難(ころな)のせいで、足踏みしているのは、不幸中の幸いというしかない。

 

 YP体制に隷属する我が国には、政府と呼べる代物はない。大西郷がいうところの<商法支配所>に過ぎない。それも<戦後ニッポン>という立派なものではなく、<YPジャパン>のものである。

 

 その総支配人に過ぎない歴代の首相には、悲しいことに売国奴が多々いる。吉田茂首相、佐藤栄作首相、中曽根康弘首相、小泉純一郎首相、そして、安倍晋三首相…と。何度も述べてきたことだが、長期政権といわれる首相を見ると、売国奴ばかりだ。

 

 この中でも、安倍首相は特異である。吉田首相も佐藤首相も中曽根首相も小泉首相も、アメリカ一辺倒といえる輩だ。中曽根首相の場合は中共に媚びる傾向は強かったが……。安倍首相はアメリカだけではなく、ロシアにも、中共にも、媚びていた。

 

 外交だけではなく、内政も酷すぎた。無能かつ有害な首相としては、村山富市首相、鳩山由紀夫首相、菅直人首相がいた。だが、安倍首相は比較にならない。YP体制の下、最悪だ。まさに売国かつ亡国の徒である。現在の菅義偉首相は、虎狼難(ころな)の下、どうなるのだろう。

 

 在野の有志による闘争に<反中共デー>がある。中共との国交を結んだ9月29日は、反中共デーだ。毎年この日には、反中共デー闘争が実行してきた。平成から令和の御代となっても、反中共デーは継続されている。

 

 9・29反中共デー東京大会は中共の脅威を広く訴えるため、令和2年も9月29日の午前11時から東京都港区の三河台公園において決起集会、正午には行進を出発、渋谷区の広尾公園まで歩き、その場にて総括集会を行った。参加者は老若男女167名だ。

 

 「日中国交を断絶せよ!」「中国共産党を打倒するぞ!」「共産主義を撲滅するぞ!」「尖閣諸島を守れ!」「習近平来日反対!」「台湾の独立を支持するぞ!」「香港の自由を守れ!」「南モンゴル、ウイグル、チベットの人々と連帯するぞ!」と、声高らかに叫びながら、中共大使館の周辺を行進した。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら