kiji記事

【論説】陳謝と決意――通常国会開会で菅首相が施政方針演説

初めての施政方針演説を行う菅首相(官邸公式ツイッターより)

第204通常国会が1月18日召集された。菅義偉首相は、施政方針演説でコロナ対策について「闘いの最前線に立ち、難局を乗り越える決意だ」と表明した。

また、緊急事態宣言を発令したことについて、国民向けに「再び制約のある生活をお願いせざるを得ず、大変申し訳なく思う」と陳謝する一方、「ステージ4(観戦爆発)を早急に脱却する」と約束した。収束の要となるワクチン接種について「2月下旬までには接種を開始できるよう準備する」と目途を示した。

開催の是非が心配されている東京オリンピック・パラリンピックは「人類がコロナに打ち勝った証し」として「世界中に希望と勇気をお届けできる大会を実現するとの決意のもと準備を進める」と強調。今年3月11日で発生から10年となる東日本大震災については「東北復興の総仕上げに全力を尽くす」と誓った。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら