kiji記事

【論説】コロナ禍で閉塞感、曲がり角のプーチン独裁

1月15日のプーチン氏ツイッター

プーチン露大統領(68)にパーキンソン病の疑いがあり、2021年中に大統領を辞職する予定だと昨年11月、英大衆紙サンが報じた。ロシア政府は「くだらぬ妄言。大統領は健康だ」と完全否定したものの、最近の同氏を映した映像には、ペンを持つ指がプルプルと震えていたり、痙攣する脚を必死に抑制しようとしたりする姿がある。

パーキンソン病は稀に遺伝性や若年性のケースがあるものの、大半が後天性で高齢者に多く、治癒が困難な病気である。70歳以上の100人に1人が発症すると言われ、真面目で几帳面な性格に多く発症し、喫煙者には少ないという統計もある。ちなみにプーチン氏は嫌煙家。脳内の神経伝達物質「ドーパミン」が作られなくなる病気で、ドーパミンの減少によって運動調節がうまくいかなくなる。かつては、発症後しばらくすると寝たきりや車いす生活になる病だったが、医療技術の進歩によって近年は発症後も10年以上は自立した生活を送れるケースが多い。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら