hiidyrukuni「日いづる國に生れて」

皇室解體に加擔してはゐませんか。元號を使ふ、守る、事が皇室護持 の橋頭堡です。 『我が國語を愛し學ぶ國民の會』 代表 高見澤絹江

天皇陛下御一代の年月として一つの元號毎に時代を捉へるのが、本來の日本人

の歷史の受止め方ではないでせうか。

にも拘らず、西洋文化上位の自虐思想に取附かれ、保守を自認する人々までもが、

基督敎曆(西曆)を平然と無自覺に使つてゐます。

特に、最も馴染み深い元號である

明治大正昭和は、單なる時代の呼稱ではなく、其の御代の

陛下の諡(おくりな)でもあるといふ事を、我々は膽に銘じるべきです。

豊臣の時代、日本人を人身賣買してゐた人々の宗敎の曆を使つて恥ぢないのは、

陛下に後ろ足で砂を掛けるに等しい行爲です。

もしも私が皇室解體共和制推進派であれば、こんな風に申上げるでせう。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら