ken「筆は剣よりも危うし」

【筆は剣よりも危うし】 信は力なり 三澤浩一(武客)

1月7日は、昭和天皇祭である。昭和天皇さまは昭和64年(皇紀2649年/西暦1989年)1月7日に崩御あそばされた。宮中三殿の皇霊殿と武蔵野御陵において、昭和天皇祭が執り行われる貴い祭日だ。僕ら国民が奉謝の誠を捧げる日である。

 政府は令和3年1月7日、虎狼難(ころな)の感染爆発を防ぐため、緊急事態宣言を再び出すことを決め、発表した。期間は1月8日から2月7日までの1ヵ月間、地域は東京・埼玉・千葉・神奈川の1都3県となる。今後の状況によって、地域は拡大、期限は延長されるかも知れない。今でも苦しんでいる国民は、さらに大きな苦しみを味わうこととなった。

 宣言を出すことは仕方ない。政府の判断を云々する気はないが、許せないことがある。昭和天皇祭の当日に決定し、発表したということだ。いったい何という無礼か。何という不敬なのか。

 菅首相は自らを<ガースー>と名乗った。ガースーではなく、ガスだろう。「音はすれども姿は見えず、ほんにおまえは屁のような」という名文句があるが、まさにその通りではないか。音はしても姿が見えない屁だかガスだか分からない。敵国に対して毒ガスぐらい危険な人物ならば頼もしいのだが……。

 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら