the-diet国会

近代建築シリーズ 『浮雲』を訪ねて 林芙美子記念館     記者 永井由紀子

 

昔、林芙美子という作家がいた。(1903-1951)

女流作家が活躍した昭和の半ば頃、代表作と言える『放浪記』で耳目を集めた作家のひとりである。

 

多くの小説を残しているが、放浪記よりも面白く感じたのが『浮雲』である。

ボルネオを舞台に始まる、どうしようもない煮え切らない男と、それでもその男に惹かれて運命が翻弄される女の話である。『在る女』(有島武郎)の主人公葉子が非業の最後を遂げたように、どうも情熱的な女性のひとつも末路として、合わせ読んでも良いかもしれない。

 

舞台『放浪記』(女優森光子の代表舞台、でんぐり返りで人気を集めた)があまりにも有名となったため、影に隠れがちとなるのが『浮雲』で、個人的にはこちらの方が好きである。映画されており(1955年 東宝 監督・成瀬巳喜男 出演・森雅之、高峰秀子)、監督・出演者共に非常に魅力的だと感じる。

 

激動の人生を送った女性作家で、1938年には内閣情報部「ペン部隊」の一員として武漢作戦に参加、1942年からは同じく陸軍報道部としてボルネオに滞在。それ以前の1933年には共産党へのカンパ疑惑で中野警察署に留置されるなど、時代と共に活動し、それを作品に反映させた女性作家だといえる。

 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら