kiji記事

【論説】感染拡大を利用する阿漕な小池百合子の本性

※イメージ画像

 

1月7日、菅義偉首相が2度目の緊急事態宣言を発出した。東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県が対象で、2月7日までの1か月間となるが、解除にはステージ3の基準以下かどうかの総合判断で決定する。

 

飲食店などの営業時間は20時までとし、不要不急の外出自粛を求める。ステージ3の指標は、確保病棟の占有率が20%以上、新規感染者が10万人あたり15人以上(1週間)、前週より新規が多い――など。

 

今回の宣言は、1都3県の知事が2日に政府に要請し、押し切られる形になった。と、ここまで聞くと、自治体は一生懸命で政府が怠慢なように聞こえるが、コロナ禍を政局に利用しているのが、小池百合子氏ではないかと疑う見方が出ている。

 

菅首相も小池氏のやり方に不信感を持っているようで、4日のテレビ出演では「(飲食店への時短要請で)大阪や北海道は知事の権限で実行に移してくれた」と評価する一方、「首都圏にもお願いしたが、最終的に決めるのは知事だ」と言及し、暗に小池氏の不作為を批判した。また、8日のテレビ出演でも「12月に東京都に対し、分科会などが20時の時短要請前倒しを提案したが、10時のままだった」と問われ、菅氏は「電話で小池氏にお願いしたところ『東京は東京のやり方で努力します』と言われました」と肩を落とした。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら