ken「筆は剣よりも危うし」

【筆は剣よりも危うし】 益ではなく義を 三澤浩一(武客)

令和三年辛丑(かのとうし)歳を迎へるにあたり詠む七首

益をすて 義をつらぬくが 日の本の 大丈夫(ますらたけを)の あゆむべき道

牛歩遅々 なれども前へ 進みたる 一歩一歩は 貴き歩み

牛歩とは いへど前進 また前進 前進前進 前進あるのみ

飢ゑやうと 荒野を駆ける 野牛たれ 餌で肥えたる 肉牛とならず

牛のごと 穏やかなれど 猛猛と 敵に出会へば
いざ戦はん

猛猛と 牛の歩みは 頼もしく 我が日の本の 大丈夫(ますらを)のごと

忠つくす 志士てふもんは 猛として 行へ動け 令和の維新

 令和3年辛丑歳を迎えるにあたり、拙いながらも詠んだ七首である。ご笑覧いただきたい。

 新しい年を迎えた。令和3年であり、皇紀2681年であり、西暦2021年となる。今年は辛丑歳だから、牛年というやつだ。

 牛というのは素晴らしい動物である。今では肉牛や乳牛ばかりが目につくが、かつては農耕や運搬など重労働に従事してくれた。家畜というよりも、家族といえる。

 牛は草食獣だが、逞しい巨体を誇り、その戦闘力は肉食獣にも負けない。野牛などは猛獣といえる。また、闘牛に強化された牛になると、そうそう勝てる肉食獣もいない。猛牛という言葉があるぐらいだ。

 我が国は肉食獣のような危険な国々に囲まれている。ロシアが熊、中共が虎、北鮮や南韓がハイエナというところか。隙があれば、我が国を喰おうと狙っている。同盟国として、我が国を守っているというアメリカだって、ライオンというところだから、安心はできない。

 我が国は、どうあるべきか。鋭い角と逞しい巨体を誇る牛、バッファローなどのような野牛となるべきだ…といいたいのだが、小さい我が国が野牛となるのは、かなり無理がある。

 国防論としては、かつて針ネズミ論なんかもあった。僕が唱えたいのは針ネズミではなく、我が国はクズリまたはラーテルとなろう…ということだ。

 クズリはユーラシア大陸や北アメリカ大陸、ラーテルはアフリカ大陸に生息する小さな猛獣だ。クズリは虎や熊や狼、ラーテルはライオンやハイエナですら避ける。ともにイタチの仲間で、小さい体だが、牙も爪も鋭く、気性も荒い。ラーテルは背中の皮膚がゴムの鎧みたくなっており、大きな猛獣でも傷つけることが難しい。

 クズリもラーテルも牙や爪などの肉体的な武器だけではなく、大きな猛獣にも立ち向かう獰猛なまでに勇敢な気性が大きな力となっている。さらに秘密兵器を持っている。クズリもラーテルもスカンクと同類で、ガスという強烈な武器を持っている。眼に当たれば失明させるぐらい強力なオナラだ。恐ろしいイタチの最後っ屁である。

 我が国はライオンにも虎にも熊にもなれないが、クズリやラーテルならばなれるはずだ。クズリもラーテルも、ライオンや虎や熊を捕食する力はないが、捕食されることもない。クズリやラーテルを襲えば、とんでもなく痛い目に合うからだ。我が国は針ネズミではなく、クズリやラーテルを目指すべきである。

 新しい年が始まったが、皆さんも初詣に出かけるだろう。神仏を敬うことは素晴らしいことである。どんな宗教宗派でもいいから、信仰を持つことは大切だと思う。ただし、ほどほどにだが……。

 僕は、除夜の鐘が鳴り響くと、我が家の神棚と仏壇にお参りしてから、我が里の鎮守の神さまにお参りする。これが元旦の行事となっている。

 お正月休みには、我が里や近隣地域の神仏を巡拝する。神社や寺院だけではなく、大小の神仏、さらには街や道に祀られているお地蔵さんなどもあるし、先人の墓所もある。以前は朝から晩まで頑張って、1日で巡拝していた。しかし今は数日かけて、のんびり巡拝している。無理は禁物だからだ。

 この数年は、志を同じくする道の友らと1月4日に明治神宮、東郷神社、乃木神社、靖国神社を巡拝している。1月4日は明治15年、明治天皇さまが軍人勅諭を下賜あそばされた日である。1月4日は本来ならば<皇軍節>と仰ぐべき貴い日だ。

 皇軍節というべき1月4日、明治天皇さまのご命日である明治天皇祭の7月30日、明治天皇さまのお誕生日である明治節の11月3日、この3回は明治神宮に参拝するように心がけてきた。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら