the-diet国会

国防最前線 尖閣はどうなっているのか!?     記者 永井由紀子

今月(11月)14日、米国側よりの要請を受け、岸防衛大臣がミラー米国国防長官と電話会議を行った。

その折、東シナ海、南シナ海、北朝鮮をはじめとする懸案事項である「インド太平洋地域」情勢に関する意見交換を行ない、日米の緊密な連携を確認した。

 

アメリカ大統領選が未だ混迷する中、我が国の国防最前線に位置する尖閣はどうなっているだろうか?

 

9月  尖閣への中国船の侵入は27日間、のべ95隻。領海侵犯ゼロ。

10月 尖閣侵入は31日間のべ101隻。領海侵入のべ8隻

11月 17日現在まで。侵入17日間のべ50隻。領海侵入2日のべ6隻

                                (海保資料より)

中国による領海侵犯のない月は、珍しい。薄気味悪さすら感じるの9月だ。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら