the-diet国会

東京建築散歩 本格的スパニッシュの「貴族の館」    記者 永井由紀子

見事なファサード  

イスラム風喫煙室

 

公・候・伯・子・男という爵位があった時代、日本の貴族はこぞって邸宅を建設した。

その多くは西洋からの賓客を迎えるために洋風で贅を凝らした建物が多かった。

 

中でもこの「旧・小笠原伯爵邸」は本格的スパニッシュ建築であり、アール・デコの代表格「旧・朝香宮邸」と共に、一押ししたいところである。「旧・朝香宮邸」は現在「目黒庭園美術館」として一般公開されている(コロナで訪れるときは要確認)。

 

施主の小笠原長幹(ながよし)伯爵により、1927年(昭和2年)に建てられ、設計は曽禰中條建築事務所の曽禰達蔵である(因みに同事務所の中條は、作家宮本百合子の父)。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら