the-diet国会

【今さら聞けない皇室の基礎知識】 [皇后陛下物語 5年を経て復活した恋] その4ー 村田春樹

前号では平成5年1月19日にご婚約が正式発表され、雅子さんが外務省にお別れのご挨拶に行かれたところまで述べた。

ご結婚式6月9日までの五か月間はお二人にとって、夢のような日々だったことだろう。

お二人のデートはもちろん東宮御所内であり、食事したり散策したりテニスをしたり、卑俗な表現で恐縮だがまさにあつあつだったのだ。

2月の皇太子殿下お誕生日記者会見を動画で見ると、皇太子は嬉しさを隠し切れない表情で「会っていて時間を忘れるほど楽しい人」と述べられた。そうだろう。まずこれ以上は存在しないであろう程聡明である、楽しくないわけがない。加えて群がる報道カメラマンも息をのむほどの美貌である。雅子さんも友人に「今の心境を例えるとベートーヴェンの『喜びの歌(第九交響曲の最終楽章)』のような心地」と伝えている。

今こうして書いている私自身も幸せで頬が緩んでくる。しかしこの間遊びだけではなかった。二月半ばから6週間、宮内庁によるお妃教育があった。この講座はもちろん、元上皇后当時正田美智子さまも学ばれている。さらに遡ると、久邇宮家の良子女王、のちの香淳皇后もご婚約内定と同時に女子学習院を中退し、宮邸の一角にお花御殿を建ててそこで学んでいる。(ついでだがそのお花御殿は都立駒場高校の敷地内に現存している。)雅子さんの場合は、英語の授業は省略され、その代わりに和歌の授業が充てられという。すべてに万能の雅子さんでも和歌だけは素人だったのだ。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら