nihonkyousantou「日本共産党の実態」

【日本共産党の実態】 [日本を滅ぼす学術会議。日本共産党への献金者リスト](その1) 安東幹(共産主義研究家)

日本共産党の科学に対する考え方は危険なものである。コロナ治療薬とワクチンの開発を妨害し、日本と世界を滅ぼす考え方である。学術会議の委員の選考に当たっては、十分、そのことを留意する必要がある。

一つ目は、自然には発展の法則があるというものである。ビッグバンより始まって、単純な物質から、複雑な階層へと発展しているというものである。この説は、学会ではまったく受け入れられていない。不破哲三氏は、自然世界には、単純な構造から複雑な構造への階層の発展があると主張している。日本共産党と関係が深い自然科学者は、多かれ少なかれこのような考え方に支配されている。これでは、コロナ治療薬もワクチンも開発できない。

二つ目は、労働者階級が真の発明をするというものである。労働者の発明こそが、人類の役に立つ発明となるということである。しかし、普通の労働者には、コロナ治療薬もワクチンの開発もできるはずがない。科学的社会主義は、完全に間違っているのではないだろうか?

この間の私に対する日本共産党からの人権弾圧も激化している。「安東幹さんがヘイトスピーチに参加しているところを見たことがある。」とか、「安東幹さんが不倫しているのを見たことがある」など、悪質な左翼のでっち上げもある。私は、事実無根の人権弾圧に対しては、断固として反撃する。私は、絶対にしてもいない犯罪を認めない。

私を、子どもの通う学校に入れるなと、日本共産党と関係が深い教員や党員が要求しているが、私の子どもの教育にまで影響を及ぼすことであり、してはいけないことである。

私の収入にかかわること、私の子どもの教育にかかわること、私の妻にかかわることなど、実害が発生すれば、直ちに法的処置をとります。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら