kiji記事

【論説】第3波と言われても自粛する気には…

11月15日現在のコロナ感染者数と死者数の推移(ジョンズ・ホプキンス大学HPより)

コロナ禍による様々な自粛が今年3月中旬から本格的に始まったと仮定すると8ヶ月が経つ。COVID-19が昨年11月に検知されてからだと、1年が経過した。

これだけコロナ禍に影響される生活が長期間続くと、自粛疲れなのか、実害との比較で危機感は減退している。感染者数のニュースを見ても「また増えたのね。寒くなってきたからね」と他人事に感じられ、自分周りの被害者がいないことと比較衡量して、春先に自粛した時ほどの義務感を維持しにくい。

個人的には82歳の父と同居しているので、自らの感染が親の生死に直結するという自戒はあるものの、

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら