kiji記事

【論説】一周回って先取り国家のアメリカ

※イメージ画像

米大統領選は、民主党のジョー・バイデン氏の勝利が確定しつつある。

トランプ政権は2017年1月、典型的な米国白人のワスプ(WASP、White Anglo-Saxon Protestant)、なかでも福音派と呼ばれる人々を中心に支持を得て誕生した。自国第一主義や移民排斥を訴えるトランプ氏の登場は当時、世界を震撼させた。

人種格差や老若男女、LGBTQ、障がいの有無など外見や年齢、性差などの違いを超えて機会均等を実現しようとするダイバーシティー(多様性)の潮流に抗うような価値観を持つ人物に、超大国は未来を託したからだった。

一方、トランプ氏の掲げた政策は、新たなもう一つの潮流だったという見方もできる。大統領選の5か月前、英国ではEU離脱の国民投票が賛成多数で成立した。トルコでは2014年8月にエルドアン大統領が、フィリピンでは2016年6月にドゥテルテ大統領が誕生し、サウジアラビアでは2017年6月にムハンマド皇太子が王位継承者となり、2019年1月にはブラジルでボルソナロ大統領が誕生した。いずれも自国第一主義を強烈に志向する為政者である。

ムハンマド皇太子は国内で女性解放政策を行う反面、トルコ領事館内で体制に批判的な記者を暗殺するなど「多様性」に対する両面性を持つものの、世界は大きく多様性と反多様性に分かれ、それは全体として左傾化と右傾化に分断されていった。トランプ氏の極端な自国第一主義は、右傾化という一方の潮流の最先端だった。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら