kiji記事

【論説】批判目的の政治パロディは笑えない

グーグル検索「令和 パロディ」。この手の画像は屈託なく笑えるが…

脳科学者の茂木健一郎氏(58)が、ブログの中でコメディアンが政治ネタを言わないことに批判的な意見を述べた。

大阪都構想の住民投票を振り返り、「役者がみな個性的だし(松井市長、吉村知事、そして橋下徹さん)、コメディにするには黄金の機会というか、海外のコメディアンだったらよろこんで飛びついているネタだと思う(中略)テレビなどの媒体で、こういうのが取り上げられないのはふしぎだ」とし、「吉本の芸人さんで目立つのは権力に融和的というかどちらかというとそれを支持するようなふるまいで、それはコメディアンの本来の仕事ではないと感じる」とした。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら