ken「筆は剣よりも危うし」

【筆は剣よりも危うし】 [無理でも無駄ではない] 三澤浩一(武客)

「無理でも無駄ではない」。このところ、この言葉を繰り返し、繰り返し、つぶやいている。前にも述べたことがあるが、非常に素晴らしい言葉だと思う。

 僕は時代小説というのか、江戸時代を舞台にしている作品が好きだ。郡順史先生と杉田幸三先生からは親しく教えをいただいたので、僕ごときが好き云々と述べる立場にはない。長谷川伸さんを別格とすれば、池波正太郎さんを筆頭に、司馬遼太郎さん、藤沢周平さん、山本周五郎さん、吉川英治さんたちを愛読している。

 虎狼難(ころな)のせいで、自宅にいる時間が増え、読書時間が増えたのだけはありがたい。このところ小説では、上田秀人さんの「水城聡四郎シリーズ」にハマっている。江戸幕府の6代将軍から8代将軍の時代、愚直な旗本の活躍を描いている作品だ。今までに勘定吟味役(全6巻)、御広敷用人(全11巻)、道中奉行副役(全6巻)とシリーズ化されており、年明けには新しいシリーズがはじまるだろうと楽しみにしている。

 これらの作品で、主人公の主君である徳川吉宗が幕府の再建を目指し、悪戦苦闘している姿が描かれている。徳川家康の時代のような幕府を再建しようと、吉宗は奮励努力する。そんな中、京都の豪商が吉宗の努力を「無理でも無駄ではない」云々と、主人公に語る場面がある。

 「無理でも無駄ではない」。この言葉から「ある目標に向かって奮励努力しても、その目的を実現させるのは無理でも、努力していることは無駄にはならない」と、僕は教えられた。「無理なことを目指した人生であっても、無駄な人生ではない!」と励ましてもらった気がした。

 作家たちが作品の中で、登場人物たちに語らせた言葉には教えられることが多い。主人公だけではなく、脇役、ときには悪役や敵役からもだ。これは小説だけではなく、映画などにもある。もちろん僕なりの解釈だから、誤解もあるかも知れないが、本当に教えられることばかりといえる。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら