kiji記事

【論説】兵庫県知事の前時代的な高級車志向

10月12日の定例会見の様子(youtube動画から)

井戸敏三・兵庫県知事(75)が10月12日の定例会見で、知事と同県議会議長の公用車リース料が従来の2倍以上となるトヨタの最高級車「センチュリー」に変更したことを質され、「基準に沿う車種を選択した。なぜ見直さないといけないのか分からない」などと述べた。

県は昨年8月、同社の高級車ブランド「レクサス」からセンチュリーに車種を変更。2台の7年間のリース契約が総額約4,200万円となり、変更前のレクサスに比べて総額約1,400万円増えることが明らかになった。

変更理由について、井戸氏は「前回更新時はセンチュリーにハイブリッド車がなくレクサスにしたが、歴代の公用車はセンチュリー。再検討する予定はない」と説明。同県の財政赤字が膨らんでいることを指摘されると、「今に始まったことではない。兵庫県は起伏が激しいので、移動にはそれなりの性能が求められる」と答えた。

なかなか有権者に対して刺激的なことを言う御仁である。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら