kiji記事

【論説】深い謝罪と無罪の主張、高齢ドライバーの罪と罰

※イメージ画像

昨年4月、東京・池袋で高齢ドライバーの暴走運転で、母親(31)と子ども(3)を死亡させ、他に9人もの重軽傷を負わせたとして過失運転致死罪に問われた元・旧通産省幹部、飯塚幸三被告(89)の初公判が10月8日、東京地裁で開かれた。飯塚被告は、遺族に謝罪する一方で、「車に何らかの異常があって暴走した」と事故当時と同じ弁明で無罪を主張した。公判後、遺族男性は「車の不具合を主張するなら謝ってほしくはない。2人の命と遺族の無念と向き合っているとは思えない」と辛い胸中を滲ませた。

検察側の冒頭陳述後、発言を促された被告は、周囲に支えられて車椅子から立ち上がり、「事故により妻と娘を亡くされたご遺族に心からお詫び申し上げます。最愛の2人を亡くされ、その悲しみとご心痛を思うと言葉がありません。また、怪我をされ苦しまれた皆様に深くお詫びします」と発言し、被害者参加制度に基づいて検察官側の席にいた遺族に向けて深く頭を下げた。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら