the-diet国会

【今さら聞けない皇室の基礎知識】 [皇后陛下物語 5年を経て復活した恋] その2ー 村田春樹

前号では平成4年春に皇太子の強い意向で「雅子さんプロジェクト」が始動、

816日に千代田区の外務省OBの私邸で5年ぶりの再会。

103日 市川の鴨場でのプロポーズ。

ここまで述べた。

このプロポーズで皇太子は「外交官として仕事をするのも、皇族として仕事をするのも国を思う気持ちに変わりはないはず。」という有名なことばで説得された。そして最後に「雅子さんが皇室に来てくれたらうれしい」と率直に語ったのである。

この頃皇太子は宮内庁幹部に「雅子さんが決まらなければ、当分結婚しない」と強く言われたそうである。

宮内庁も必死である。ご両親にはあの手この手での説得が続き、

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら