seikei「なるほど、なっとく政経塾」

【なるほど納得政経塾】50号 「疫病社会科学Ⅰ」 神奈川大学経済学部教授 経済学博士 小山和伸

狩猟採集人類の移動 

現在再び武漢肺炎の活性化が問題視されているが、本稿では『銃・病原菌・鉄』(ジャレッド・ダイヤモンド)および『疫病と世界史』(ウィリアム・マクニール)等を参考にしながら、疫病と経済・社会との関連性を推論する、疫病社会科学とでも呼ぶべき分野を考察してみることにしよう。

人類の誕生はアフリカで、700万年前に遡るというが、現代人の祖先と言われるホモ・サピエンスが50万年前、ネアンデルタール人が13万年前、クロマニヨン人が5万年前と言われている。また、人類がアフリカからアジアに渡ったのが100万年前、ヨーロッパに渡ったのが50万年前、オーストラリアやインドネシアに到達したのが3~4万年前、そして南北アメリカに至るのが1万5千~1万年前とされている。

今から1万年前まで、人類は狩猟採集生活をしていたとされる。つまり、1万年前くらいまでは、大型の動物や魚介類、木の実などの植物が、比較的容易に収穫できたものと考えられる。勿論、不猟の時期と餓死、餓死による獲物の復元を繰り返していたに違いないし、また人類の地球規模での移動も、より獲物の豊富な地域を求めて行われたに違いない。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら