the-diet国会

【今さら聞けない皇室の基礎知識】 [皇后陛下物語 5年を経て復活した恋] 村田春樹

皇太子と雅子さんの交流は昭和611018日スペイン王国のエレナ王女歓迎パーティでの初顔合わせから、翌62425の高円宮邸での4人での懇談迄続いたが、そこで途切れてしまったことは前回述べた。途切れたのは、小和田恆氏が、62年の年末に電話で関係者に「この話はなかったことにしてください。」とはっきりと断ったからである。さらに留学先のオクスフォードで雅子さんご自身が記者団に断言し、ダメ押しという形になっている。

平成41月、皇太子の東宮大夫への「小和田雅子さんではだめでしょうか」という発言で再度「雅子さん獲得プロジェクトが動き出したのである。そして運命の平成4年8月16日が来た。

48カ月ぶりの再会は仲介役だった外務省OBの柳谷謙介氏の千代田区五番町の自邸だった。(厳密には自邸敷地内の親戚の家)

午後1時過ぎに到着した雅子さんは、玄関前で皇太子を出迎え、二人きりでお茶を飲みながら、お互いの空白の5年間の話をしたそうである。

部屋に入る前、出てきた後のお二人のご様子を、柳谷氏は「終始にこやかで落ち着いていらっしゃった」と語っている。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら