kiji記事

【論説】アベノマスクの見栄えが良かったら…

各家庭に配られた『アベノマスク』

 

安倍首相が社会人時代に営業マンを経験していたら、アベノマスクをスタイリッシュにして支持率上昇の起爆剤にできた可能性がある。

 

2世政治家とはいえ、安倍首相も大学卒業後にサラリーマンを経験している。1979年4月、神戸製鋼に入社し3年間、ニューヨークや兵庫、東京で勤務経験がある。しかし、鉄鋼を扱う企業なので、消費者を相手にしたBtoCの営業は経験がないのだろう。

 

小売の現場に立ってみれば分かる。売れ筋商品は押しなべて新しいスタイルを提示するか、クールな外観を強調している。古臭い、もしくはダサいと直感するものは、たとえ機能性が高くても売れない。

 

アベノマスクは見た目が絶望的に落第点である。鼻や口をしっかりと覆いきれない小さく無様な長方形は、不織布が普及する以前の前時代的なマスクである。洗濯して複数回使用できる点だけを考慮すれば、機能性の一部は優れているかもしれないが、すぐに鼻や口が出てしまう、もしくは不織布よりもガード能力が落ちる点を考慮すれば、こちらも及第点とは言えない。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら