nihonkyousantou「日本共産党の実態」

【日本共産党の実態】  コロナ問題を悪用して「革命」を呼びかける日本共産党の非合法化を!  安東幹(共産主義研究家)

 日本共産党が、コロナ問題を悪用して、安倍政権への批判を強めている。コロナウィルスへの治療薬やワクチン開発に力を入れる自公政権に対し、コロナで収入を失った人への補償を声高に叫び、金のばらまきを主張している。コロナ危機の発生に対しては、これまでの政権の医療政策が悪いの一点張りである。現時点でも、「コロナで大量の労働者が病気になっている」とか、「コロナ危機が貧しい人たちを直撃している」と、「革命」をあおっているが、コロナ第二波が起きたら、さらに国民を「革命」にあおることがわかっている。治療薬やワクチン開発への大胆な資金投入を検討し、国民に、場合によっては耐乏生活を呼びかけるだろう安倍政権への転覆を検討している日本共産党を直ちに非合法化しなければならない。

 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら