cc「中朝国境の旅」

【中朝国境の旅 連載45】[李容洙ハルモニ騒動に見る慰安婦運動について 2] 野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

前回、李容洙ハルモニ騒動に関連して、韓国の慰安婦支援運動が、北朝鮮による日韓分断工作の一環であることが、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(旧称韓国挺身隊問題対策協議会、通称挺対協、以後、挺対協)の成立過程で分かることを論じてみた。前回でも少し触れたが、韓国の女性運動は、1980年の光州事件を機に盛り上がっていったように思う。このサイトの読者に光州事件について説明するのは、釈迦に説法みたいなものだが、僭越ながら一応光州事件についておさらいしたい。

 

 1979年、10月26日、朴正熙大統領がソウル市内青瓦台近くの大統領専用秘密施設で、宴会が催されている時、中央情報部長の金戴圭に銃殺された。その場には、女性歌手が一人、女子大生が一人いた。女好きの独裁者のために呼ばれたのだった。翌日、10月27日、崔圭夏国務総理が大統領代行に就き、金大中の軟禁を解除し、政治犯68名を釈放し、済州島を除く全国に非常戒厳令を布く。12月12日、陸軍少将全斗煥保安司令官が、戒厳令司令官の鄭昇和陸軍参謀総長を逮捕し(彼は朴正熙大統領が暗殺された時、現場付近にいたにも関わらず、犯人の金鄭和をすぐに逮捕しなかった)、陸軍本部等を襲撃して国防長官を拘束し、全韓国軍を掌握した。これを粛軍クーデターと呼ぶ。全斗煥少将と共に戦う戦う中に、盧泰愚陸軍少将もいた。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら