kiji記事

【論説】七海氏が都知事選撤退、泡沫扱いを疑問視

選挙戦からの撤退を報告する七海氏のツイッター

東京都知事選(7月5日投開票)に立候補した幸福実現党広報本部長の七海ひろこ氏(35)が6月25日、選挙からの撤退を表明した。理由について、主要候補5人だけが報道され機会の平等が失われたとしたうえで「世論誘導型民主主義に一石を投じ、チャンスの平等を守っていく」としている。

 

公職選挙法は告示日の立候補届け出締め切り後の辞退を認めておらず、選挙運動を行わなくても七海氏は候補者として扱われ、同氏への投票は有効票となる。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら