kiji記事

【論説】求心力が落ちた立憲民主党と、実利に走る国民民主党

立憲民主党のHP

 

無所属だった山尾志桜里衆院議員が国民民主党に入党した。

 

6月3日には元国土交通相で無所属の馬淵澄夫衆院議員(59)=比例近畿ブロック=が同党に入党している。馬淵氏は旧希望の党公認で落選後、19年2月に繰り上げ当選している。

 

一方、昨年7月の参院選比例区において、立憲民主党公認で初当選した須藤元気参院議員(42)は、都知事選で山本太郎候補の支持を表明したところ、同党支持候補と異なるとして党幹部に注意されたため、離党を表明。比例当選のために党側は「離党するなら議員を辞職すべきだ」として離党届を受け取らなかった。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら