ken「筆は剣よりも危うし」

【筆は剣よりも危うし】 [愚にして烈だが卑ではない] 三澤浩一(武客)

 これは愛すべき好漢、桂田智司へ贈る賛辞である。

 

 この「愚にして烈だが卑ではない」は、城山三郎の伝記小説『粗にして野だが卑ではない―石田禮助の生涯』を真似したものだ。戦前の国際派財界人、三井物産の商社マンであった石田禮助が戦後、当時の内閣総理大臣の要請により、日本国有鉄道の総裁に就任したとき、国会で述べた自己紹介である。城山の書名というよりも、石田の言葉というべきか。

 

 行動右翼の教範ともいうべき桂田の人物は、良い意味でも悪い意味でも「愚」であり、なんといっても「烈」となる。「愚烈」である。「愚劣」ではない。「愚烈」だ。桂田の「愚」には「痴」や「劣」の意味はなく、別の字にすれば「直」であり「純」となる。「愚烈」とは、桂田に対する最高の称賛なのだ。この「愚烈」を漢字1字で表せば、吉田松陰がいう「狂」となる。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら