kiji記事

【論説】親のダブル役満を振り込んだ黒川検事長の最悪手

※イメージ画像

 

検察庁のトップ、検事総長着任まで残り2か月。エリート人生の最終コーナーで、よもや賭博罪に問われかねないスキャンダルに見舞われるとは、黒川弘務氏本人も夢想だにしない結末だっただろう。

 

麻雀は知的な戦略ゲームである。対戦相手3人の中で鳴き麻雀を好む輩がいれば、早めの上がりに備えて自らの戦略も変えていかなければならない。跳満や倍満、役満といった大物狙いは、野球でいえば一発狙いのスラッガーである。クセ球の多い変化球投手にはミートを心がけて連打で得点を重ねた方が合理的だが、速球を決め球にする本格派とは一か八かの大振りで勝負したい。麻雀も大物狙いでガチンコ勝負した方が一発勝負の醍醐味を味わえるが、全ては相手の出方次第である。

 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら