kiji記事

【論説】エイズ、SARS、MERS、エボラ…近年流行した感染症

※イメージ画像

 

先日、「世界史を大きく変えてきた感染症」というコラムで、人類に多くの犠牲をもたらした代表的な4つの感染症(天然痘、ペスト、コレラ、スペインかぜ)を取り上げた。

 

科学技術が発達した20世紀以降も人類は様々な感染症に苦しめられている。その中には、今回のCOVID-19によく似た症例も少なくない。ここでは、新型インフルエンザ、エイズ、SARS、MERS、エボラ出血熱の5例について解説したい。

 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら