nihonni「日本に誇りが持てる教科書を子供たちに」

『市販本 新しい公民教科書』(自由社)5月27日発売開始 三浦小太郎(新し歴史教科書をつくる会)

『新しい公民教科書』(自由社)の市販本が(検定の問題点などにも触れ、執筆者たちの論考も収録されています)5月27日より発売される(定価1800円(税別)。ネットなどでも既に予約が始まっていると思われるので、どうかご購読をお願いしたい。

私は今回、この教科書に執筆者の一員として参加しており、そのような立場としては客観的な書評ではなく、私がそこで何を現代の中学生に教えたかったかを記しておこうと思う。

徳に書きたかった内藤は「近隣諸国の人権問題」というページで、中国、韓国、北朝鮮の人権状況について書かせていただいた部分である(186頁)。

まず、ここでは韓国と北朝鮮の部分を紹介する。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら