the-diet国会

陸上自衛隊が小銃を更新 離島防衛を重視

18日、陸上自衛隊は新たに配備する小銃と拳銃を報道陣に公開した。小銃の更新は31年ぶり、拳銃の更新は38年ぶりとなる。

 

新たに配備される「20式」(「にーまる」と読む)小銃は、陸自にとって国産としては3代目の小銃。新小銃配備について、陸自は「作戦環境の変化」を挙げる。従来の野戦重視から離島防衛重視に思想が色濃くなり、耐腐食性や排水性の高さが20式の特色となっている。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら