kiji記事

【論説】コロナ対策で窓を開けると小さい虫がどんどん入る

※イメージ画像

 

コロナ禍が収束しないまま、夏が近づいている。5月7日以降に営業を再開した企業も多く、私(記者)が教えている塾も起動した。

 

クラスター感染が起きないように、万全の対策が求められる。塾では、ドアや窓を常時開け、講師と生徒の2人席のブースの間にはつっかえ棒に透明シートを垂らす三密防止策を施している。

 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら