the-diet国会

在宅勤務の臨界点

政府主導による「コロナ自粛」が既に1か月を越している。

特に東京や大阪など首都圏の在宅勤務率の高さは顕著であり、ここへきて学童や保育園などの子供のいる家庭では「もう限界!」との声が上がっている。

朝の子供や夫の見送りが日常であった主婦も、コロナを境に、三食の支度、子供の世話、夫の自宅作業への気遣い、などなどが何の準備期間もなく来たのだから、混乱が起きるのも当然といえば当然であろう。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら