seikei「なるほど、なっとく政経塾」

【なるほど納得政経塾】-46号- 「忌々しき中共国の火事場泥棒政策」 経済学博士 小山和伸(神奈川大学経済学部教授)

香港民主派への弾圧

 感染者300万人、死者20万人に上る中共国発の武漢ウィルス対策で、世界中が翻弄されている現下、習近平政権は香港民主派の大量検挙を断行した。香港当局を通じて、英国領時代から民主化運動に携わる李柱銘(マーティン・リー)氏や共産党批判の論調を持つ香港紙の創業者黎智英氏を含む15人を、4月18日に一斉検挙した。

 さらに翌19日には、香港基本法22条「中国政府所属の各部門は香港特別行政区が管理する事務に干渉できない」との制約を、中共政府機関で香港政策を担当する「香港マカオ事務弁公室」等は受けない、という見解を示した。香港政府もこの見解を追認して、従来からの解釈をあっさりと変更した。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら