contribution寄稿・コラム

【今さら聞けない皇室の基礎知識】  村田春樹

ー皇后陛下物語 大学時代ー

 

前号の最後に「昭和56年9月、満18歳でハーバード大学経済学部国際経済学科入学」と書いたが、高校は飛び級で2年生から入学したので、厳密には17歳と9カ月で約22倍の激戦を勝ち抜いて入学したのである。ほぼ同時に父小和田恆氏がソ連駐箚公使になったので、家族はモスクワへ赴任、雅子さまは寮に入ることになった。生まれてはじめての一人暮らしである。大学では図書館に深夜まで居残る常連であり、周囲から「いつ寝ているのか」と訝しがられるほど猛烈に勉強した。土曜夜のダンスパーティは恥ずかしがって逃げ回っていたが、ついに、渋々参加。しかしいつも人の後ろに隠れている、シャイな女の子だった。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら