cc「中朝国境の旅」

中朝国境の旅(連載第42 回) 九連城の戦勝碑 2 野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

 前々回、日露戦争における九連城の戦いにおいて、司令官黒木為楨(くろきためもと)大将とその零下の兵士達の功績をたたえた戦勝碑が担当の地にあることを紹介した。ここに紹介する二つの写真は、その碑の裏にある、碑の裏にある文字と、碑の傍らに添えられた中国の説明文である。

 裏の碑文は不鮮明ながら、渡河戦の模様が描かれているようである。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら