kiji記事

【論説】ゴーンさえも悲劇のヒーローに祭り上げる米国の商業主義

カルロス・ゴーン(ウィキペディアより)

カルロス・ゴーンの逃亡劇が勉強に役立つ時がある。

現在完了の表現でgoneとbeenの違いを理解する際に、”He has gone Abroad”(彼は外国に行ってしまった)と”He has been Abroad”(彼は外国に行ったことがある)の違いを教える際に、「gone(ゴーン)は行ったきり此処にはいないという意味。カルロス・ゴーンが国外に逃亡してしまって戻ってこないように」と覚えればいい。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

2022年9月より新規会員は新サイトで募集しています。
こちらでご覧ください。

yamatopress.tokyo

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会費は月額550円(税込)です。全ての記事・コラムがご覧いただけます。

会員の方はこちら