cc「中朝国境の旅」

 【中朝国境の旅】 連載第38回  夢の如き北朝鮮の村 その2 野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

 前回ご紹介したテレビゲームの街のような写真には、不思議な記号が掲げられている建物が写っている。ここをズームで写したものを、今回ご紹介する。この建物は、お風呂屋さんだそである。北朝鮮から脱北した人に聞いたのだ。

 しかし、どこから入るのだろう。目をこらしてよーく見ると、日陰になっているところに、では入り口のドアらしきものがある。そして、その前にある板垣が、途切れていているような気がする。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら