cc「中朝国境の旅」

【中朝国境の旅】 夢の如き北朝鮮の村 その1 野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

 今回ご紹介するのは、村の名前は不明だが、通るたびに不思議な気持ちとなった村の写真。この写真は平成二二年三月二八日に撮ったもの。延辺、豆満江側を車で走ると、ここを見ることが度々あった。鴨緑江も豆満江も、北朝鮮は中国側より下に位置している。中国側から河の向こうを見下ろす形で撮ることが多い。なので、撮った写真は住んでいる人の見えないところも撮っている可能性がある。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら