araki「拉致問題の闇を切る」

【拉致の闇を切る】 <風化>     荒木和博(特定失踪者問題調査会 代表)

 5人の帰国からもう17年が経ちました。当事者の一人としてはついこの間のように思うのですが、大学で教えている学生たちにとっては、物心つくかつかないかという頃の話です。当然記憶にはありません。

  当時は北朝鮮の「5人生存・8人死亡」との発表に、「横田めぐみさんたちは死んでしまったのか」と国民の怒りが高まり、拉致問題を棚上げして国交正常化しようとしていた金正日、そして当時の小泉政権の意図も挫折しました。しかし戦争体験と同じようなもので、あの時を共有していなければ当時の雰囲気は分からないでしょう

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら