seikei「なるほど、なっとく政経塾」

【なるほど納得政経塾】㊳ 「技術の成熟」 神奈川大学経済学部教授   経済学博士 小山和伸

 一般に、新しい技術が生まれると、改良改善が始まり、次第に実用性が高まって新しい市場を切り拓いてゆく。そしていずれ成熟し、更に新しい技術に追われるようにして、衰退期を迎える。

 概略「製品ライフサイクル」で仮定される、導入期、成長期、成熟期、衰退期を技術のライフサイクルに置き換えて考えることができる。導入期と言われる、まだ生まれて間もない頃の製品や技術には、色々な問題点がある。

W. J. アバーナーシーは、『生産性のディレンマ』(THE PRODUCTIVITY DILEMMA)という著書において「デザイン・ハイアラーキー」という概念を考案した。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら