seikei「なるほど、なっとく政経塾」

【なるほど納得政経塾】㊲ 「ハイテク企業の技術革新戦略」  経済学博士 小山和伸(神奈川大学経済学部教授)

 前回は予定を変更して北方領土問題を論じたが、今回は前々回に続いて、ルーマニアのシビュー大学における2コマ目の講演内容を紹介する。2コマ目の講義は、日本のハイテク企業の技術革新の戦略について説明した。

 第一に技術革新とは、研究・開発・製造・販売を通じて、市場で受け入れられて普及し、社会に大きな変革をもたらすものを意味している。従って、技術革新とは単なる発明ではないし、また単なる新製品でもない。端的な例を挙げるならば、電気や鉄道、自動車などが技術革新の典型的な姿である。

 さて第二には、こうした技術革新の時代背景について考えてみなければならない。技術革新が世の中に変革をもたらしてきたことは、太古の昔から見られた現象に違いない。例えば火おこしの技術とか、火薬、車、船などの技術が、世の中を大きく変化させてきた。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら