nihonkyousantou「日本共産党の実態」

【日本共産党の実態】    お年寄りから全財産の寄附を求める日本共産党のあこぎ   安東幹(共産主義研究家) 

 日本共産党は、亡くなった人に、遺書により、家屋や土地などの財産を「寄附」させ、日本共産党の財産としている。日本共産党は、いっさいの企業・団体からの献金を受け取らない「きれい」な政党だと考えている人がいるかもしれないが、毎年、亡くなった人の財産を「遺贈」として受け取っている。お年寄りから財産をぶんどり、子どもから遺産を取り上げるあこぎな政党である。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら