kiji記事

衆院解散しなかった?できなかった?

※イメージ画像

 
通常国会は6月26日、会期を満了し閉会した。立憲民主党など4党1会派は25日の衆院本会議で、内閣不信任決議案を共同提出したが、与党と日本維新の会などの反対多数で否決。政府・与党幹部が「不信任案提出は解散の大義になる」と5月から牽制していたが、安倍晋三首相は結局、解散を見送った。参院選は7月4日公示、同21日投開票で行うことが臨時閣議で決定した。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら