kiji記事

【論説】はやぶさ2はまだまだ帰らない

はやぶさ2とりゅうぐうのイメージ図(JAXAホームページより)

 
地球から2億8,000万キロも離れた小惑星リュウグウ上空に、JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」が到着したのは2018年6月27日。それから1年が経つ。地球から火星までの距離が2億3,000万キロだから、リュウグウはそれよりも遠く、光の速さでも16分かかる。
 
はやぶさ2は、同年9月に探査ローバーをリュウグウに向けて投下し、地表の撮影に成功。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら